toggle
100CLUBのオリジナルフードは丸ごと主義。馬肉(生肉)と青魚(レトルト)を丸ごと提供しています。
2020-02-02

#114 ゆめ

 馬肉で育った「100の子たち」#114
ゆめ / 秋田犬
2017年5月13日(女の子)
主な食餌:ポーランド赤身ブツ切り
comment_owner

仔犬の頃は怪獣みたいで、私の手や脚への甘噛みが酷くて毎日毎日叱る時期がありました。押さえつけてダメ!と何回も繰り返したり、いけないことをしたら無視したり。大型犬だからちゃんとしつけなければと思いながらも、この子はまだ仔犬で赤ちゃんなのに、毎日こんなに叱らなくちゃいけないなんて、と、辛くて辛くて毎日泣いていました。でも成犬になったら急に振る舞いが落ち着いてしまい、散歩中よく「おとなしいねー」と言われます。まだ若いしもう少しやんちゃでもいいのですが・・・・

とにかく「ゆめ」が健康で長生きしてくれることが願いです。いま仕事も、残業をほぼしないようにして帰宅するのですが、毎日帰るたびに「会いたかった?!」と思います。大人になってだいぶクールになってしまいましたが一緒にいて今も発見があって楽しいです。

昼間、お散歩中に「秋田ですか?」とか話しかけて来てくれる人は知らない人でも好きみたいなのに、たまにヤマトさんのお兄さんとかが来たら喋るみたいに吠えて「わたしの家に何か用?!」と言っています。帰るまでずっと見ています。なので、荷物を持って来てくれた、いいお兄さんだから大丈夫、と毎回説明しています。
わたしが打ち解けて話せる人かそうじゃない人かを自分なりに区別しているみたいです。秋田犬は賢いですね。

comment_100club
2年ほど前、秋田犬の仔犬を連れてショップに見えたIさんに、初めてお会いした際、その飼育環境を知るほどに、仕事を持った一人暮らしの若い女性が、秋田犬を育てるということに問題はないだろうか、精一杯のアドバイスをしたつもりではありましたが、内心、心配でなりませんでした。
その時以来、先日来店された I さんに引かれた「ゆめ」ちゃんと会って驚きました。同時に、良くぞここまで立派に育てられたと安堵し、感心もいたしました。
ここまでくればもう大丈夫。これまで通り愛情たっぷりの暮らしぶりを続ければ、「ゆめ」ちゃんは、かけがえの無い友として寄り添い続けるに違いありません。